0

ニードル脱毛と脱毛器、痛くないのはどっち?

どんな脱毛方法にするか検討する際に、ほとんどの方が注目するチェックポイントとしては「費用」、「脱毛の効果(仕上がり)」、「脱毛期間(施術回数)」、「施術時の痛み」といった点ではないでしょうか。
ニードル脱毛と家庭用脱毛器は、脱毛の方法としては様々な点で対極にあると言えるでしょう。

ニードル脱毛は、その名の通りニードル(針)を使用して行う脱毛法です。
毛穴一つ一つに針を刺して施術するため、脱毛効果は非常に高く確実性のある方法と言われています。
施術回数も少なく、毛の再生率も低いのが特徴です。しかし、費用が大変高額です。
施術がとても痛いのが特徴で「我慢できないくらい痛い」と表現する方もいるほどです。医療機関では部分的に麻酔をすることができる場合もあります。

対して家庭用脱毛器は、フラッシュライトと呼ばれる光を肌にあてる脱毛法で、専門知識のない一般の方でも扱える程度の出力に調整されているため、
脱毛効果としてはあまり高くありません。
毛の再生率も高く、かなりの施術回数を要します。

しかし、いつでも自宅でできる便利さと価格の安さが魅力で、手軽さを求める方にはぴったりです。施術時の痛さもほとんどありません。
出力もある程度自分で調整できるので、痛さに弱い方は弱めの出力で施術することができます。

ニードル脱毛は、医療レーザー脱毛やエステのフラッシュ脱毛など、その他の脱毛と比べても最も痛みが強いと言われる脱毛法です。
狙った毛穴の毛を確実に脱毛できるという効果の高さがメリットですが、強い痛みを負担に感じる方が多く、最近では脱毛方法としては主流ではなくなってきています。
ニードル脱毛をお考えの方はこの痛みについて覚悟をしておく必要がありそうです。