0

ニードル脱毛って身体に影響ないの?本当に安全?

エステや脱毛サロン、医療機関で行われる脱毛法の一つに、医療用のハリを使って施術をするニードル脱毛があります。
ムダ毛を少し伸ばした状態にして、毛の流れに沿ってハリを刺し込んで微電流を流し、直接毛の発生源を破壊します。
近年では、一度に広い範囲の施術な可能なレーザー脱毛が主流になっていますが、毛の生産工場ともいえる毛乳頭を含むその他の組織を
確実に破壊できることからレーザーよりも効果が高いといわれており、現在でも高い脱毛効果を求めてニードル脱毛を希望する方はたくさんいらっしゃいます。

ニードル脱毛はハリを刺すことから、身体に良くない影響が出ると思われがちですが、衛生面にしっかりと気をつけて、技術力の高い経験豊富な脱毛士に施術を行ってもらうと全く身体に悪い影響が出ることはありません。
しかし清潔を保てない状態で施術を行うと、ハリを刺した傷口から細菌が入り込み炎症を起こす危険性があり、内出血やかさぶた、色素沈着、腫れなど肌トラブルの原因になるので注意が必要です。

また、二ドール脱毛後は肌がとても乾燥し、皮膚の強張りが続くので、抗炎症効果のあるローションやクリームで保湿をするようにしてください。施術前のプレケアや施術後のアフターケアをしっかりと行ってくれるエステや脱毛サロン、医療機関を選ぶようにしましょう。

脱毛後は皮膚が過敏になっているので日焼けもできるだけ避けるようにして、女性の生理の周期にあわせて施術を行うようにしてください。
ホルモンのバランスが崩れている場合は、脱毛の効果が弱まってしまうの避けるようにして、もちろん妊娠中や授乳中はニードル脱毛をやめておきましょう。アレルギーがある場合は、施術を受ける前にきちんと伝えることも大事です。